切絵作家の徒然

現在noteに移動中

KIRIEBIJOU、特許権取得。

2021年春、KIRIEBIJOUが、特許を取得。

 

特許第6858417号

発明の名称 / 透かし彫り又は切り絵工芸品及びその製造方法

 

f:id:Tantan1209:20220120225754j:plain

七宝しずく型二重構造「HAKU(箔)」 特許証取得、特許第6858417号

 

切り絵の透かしを特殊紙で仕上げ、漆で箔押しをして仕上げるHAKUシリーズ。

純金の輝くジュエリーで、他に類をみない特殊技術として、昨年4月に特許証取得致しました。

 

KIRIEBIJOUは、「1gにも満たない軽さ」を実現したジュエリー。水に強い特殊な紙を使用し、切り絵の技術と箔素材との独特な風合いで、古代美術品や、アンティークを思わせるこだわりの世界観を作っています。

 

f:id:Tantan1209:20220120230553j:plain

作業工程

モダンなデザインに、切り絵、漆、箔押し、素材、作業工程ともにそれぞれ伝統的な要素を取り入れています。

 

KIRIEBIJOUは、丈夫な紙素材で出来ているジュエリーで、水にも強く、薄さ、軽さが特徴。繊細な透かし彫りの「箔(HAKU)」シリーズでは、切り絵・漆・金箔の3つの伝統工芸の技を用いる、繊細な加工技術が、他に類をみない特殊技術として特許を取得いたしました。

 

水に強い特殊な紙をベースに、漆を塗り、箔押しをしています。箔は24金のため、「純金の輝き」を保ち、紙の性質や透彫技術を熟知した切り絵アーティストが創る、独特な風合いと、独創的な世界観となっています。

 

f:id:Tantan1209:20220120233635j:plain

KIRIEBIJOU 孔雀

 

切り絵に箔押しを始めた2018年、色々とリサーチをしてみて、他にはない物を作っているかもしれない、と思っていたところ、老舗の呉服屋さんが店舗で取り扱いたい、と仰ってくださいました。やはり、他にはないものを扱いたく、KIRIEBIJOUのようなものが他にはなかったということで、ご連絡をいただきました。そして、これはもしかしたら特許をとってみても良いのかもしれない、と思い立ちました。

 

受理されるまでに、1回の拒絶も受けましたが、どうにか受理されて、ちょっとだけハクがついた!伝統的技術と現代の素材との融合で、今と昔とをつなぎます。

これからのKIRIEBIJOUの歩みをご覧いただけますと幸いです!

 

マクアケ x おもてなしセレクションクラウドファンディング公開中!

応援、拡散いただけますと幸いです!

www.makuake.com