切り絵で豊かな日常を

切り絵作家タンタンが、日常を豊かにするための切り絵のススメを書き綴ります。百貨店でのPOP UP で知り合ったブランドさんや、KIRIE BIJOUを身につけていただいている凛とした皆様のご紹介等、お洒落さんに届けたい情報も発信中!

切絵・金箔・漆、特許出願。

67655781_347230699539128_7161546314663067648_n.jpg

 

KIRIE Jewelry HAKU / FUWARI 特殊な紙で繊細な透し彫りに、漆と箔貼りの工芸技術。様々な想いを載せて、特許出願致しました。 特願 2019-9249

 

去年の夏より、漆職人さんのお教室を受け、金箔講座を受け、ようやく形になったキリエジュエリーHAKU。切絵と漆と金箔、3つの工芸技術が備わった、工芸宝飾として、この夏、いよいよ本格的にその歩みを開始致します。

 

 

私が主に使うのは、純金箔とプラチナ箔、時々模様箔。

 

ジュエリーとしては、重厚感はそのままに、とても軽く、長時間つけていても一切負担にならないジュエリーを実現。

インテリアとしては、ダイナミックなデザインやサイズ感で、貴金属の輝きをオブジェやインテリアとしてお楽しみいただきつつ、持ち運びも負担にならない、空間を作るクリエイティブアートを実現。

 

特許出願に踏み切るまで色々と悩みもありましたが、「こんなの、他に見たことない」と言っていただける場面も多く、今回決断に至りました。

 

本当に様々な方に支えられながら、この新しい技術がどんな歩みを見せていくのか、多くの皆様にご期待いただけたらと思います。