切り絵で豊かな日常を

切り絵作家タンタンが、日常を豊かにするための切り絵のススメを書き綴ります。百貨店でのPOP UP で知り合ったブランドさんや、KIRIE BIJOUを身につけていただいている凛とした皆様のご紹介等、お洒落さんに届けたい情報も発信中!

[Maison & Obnjet] パリにて同時出展

産業展出展のため、パリへ行った時のお話。

初めての海外出展でしたが、とてもハードでした。

ちょっと自分を追い込みました。

 

何をどう追い込んだかというと、

フランス パリ ポルト・ド・ヴェルサイユ展示センターにて行われた

​ファッション系産業展「Who's Next」に出展しつつ、

同じく パリのノール・ヴィルパント見本市会場にて行われた

ライフスタイル系産業展「メゾン・エ・オブジェ」でのグループ出展にも

参加をしていて、準備もボリュームもダブルでのぞんだことでした。

 

Who's Nextに出展をした経緯は、渋谷ヒカリエにて毎年、年2回行われる

ファッション系産業展「PLUGIN」の企業産業展間でのエクスチェンジ企画に

ブランドコンセプトと商品資料内容が通り、(こちらに通ると出展料が無料になります)

パリ行きが決まったことから始まります。

 

 

 

Maison & Objetへは、同じくPLUGINで知り合った紳士風の方のご紹介で、

メゾンへのグループ参加に興味があったらいかがですか?

と勧められたことから始まりました。

 

何事もご縁ですね。

 

どちらかに絞って一つに集中する選択肢もありましたが、その頃、ジェトロを通して

来年1月に開催されるMAISON & OBJETへのブース出展の申請・審査を

受けているところでしたので、ちょっと無理をしても、メゾンの雰囲気を

内側から知るチャンス、と思い、思い切りました。

 

ダブルでの準備も大変でしたし、実際展示会自体はほぼ丸かぶりで、

Who's next が9/6~9/9、Maison & Objetが9/6~9/10ですので、

実際メゾンに自分が参加できるのは最終日のみ。6〜9日は

メゾンの方は他出展者と共同でブースサポートのワーカーさんに

お願いをしました。

 

Who's Nextの二日目に、友人にブースをお願いしてメゾンに顔を出しに

行ったのですが、全然雰囲気が違う。ジェトロの方からは、

アトリエタンタンのテイストとしては、メゾンの方がマッチすると思います

とおっしゃっていただいていましたが、この展示会は、ファッション、インテリア、キッチン、

アート等、ライフスタイルに関わるあらゆるものが出展されていて、

クウォリティも高い。会場も大きく、日本で言うと幕張メッセのような感じです。

 

9月出展の頃には、ジェトロより審査が通った旨の連絡が来ていたので、

とてもワクワクしました。

 

 

 

Who's Nextでは、出展ブースにモデルさんが実際に服を着て

アピールしているところもありました。こちらのモデルさんは、

映えますね。表情にもどことなく物語が感じられて、何を身につけても

なんか様になってる。

 

 

]

カジュアル系ジュエリー

Airy  https://tantan.official.ec/categories/2509707

 

商談の様子。マダムが、黒漆で作ったネックレスにとても興味を持ってくださり、

「とにかく黒が好きなのよ、黒は他にないかしら」と、

色々とデザインを見てくださいました。

 

ただ、フランス語で。

 

今回の旅で発見したことですが、パリの人たちは、大阪の人たちと

似たところがある!

 

どういうことかというと、私はフランス語全然喋れないのですが、

そのことをジェスチャ〜で伝えても、構わずフランス語で続けてきます。

 

話はそれますが、道を聞く時も同じで、

「ここに行くにはどうしたらいいですか」と、道ゆく人に聞くのですが、

英語がわからずこちらがフランス語がわからなくて「じゃあ、いいですー」って

その場を去ろうとしても、容赦無くフランス語で教えてくれようとします。

 

そして、わかるところまで一緒に行って道案内してくれる!

 

なんか、意外なところで、大阪っぽさを発見しました。こちらの人は、

英語が全然わからない人も少なくなく、そんな時は、とにかく身振り手振りと

スピリッツとで、伝わる伝わらない関係なしに話を続けてくるのでした。

 

商談のお話しに戻すと、結局、この時私が言葉が分からなくて

申し訳なさそうにしていると、向かいのブースの人が、フランス語←→英語に

通訳してくれました。助かった!

 

 

 

こちらは、黒漆で仕上げた、「星の王子様」の一輪のバラをモチーフにした

ディスプレイ作品。フランスでは、サンテクジュペリのこの物語が

バイブルのようにポピュラーなので、ちょっと話のきっかけになるかなと思い

持ち込みました。

 

サン・テグジュペリといえば、カルロス・ゴーンさんが昨年末にレバノンに渡ってから

ゴーン&ビーンが似過ぎていることが話題になりましたが、そこにサン・テクジュペリの

3ワードで検索してみると、いや、こっちの方が似てるでしょ!

って思っている方、やっぱり結構いらっしゃるんですね。

 

 

 

Who's Next のイベントはどちらかというとカジュアルな雰囲気でしたので、

カジュアル系半分、フォーマル半分でのそみました。フォーマルの方は、

最初金かな?とまじまじ見るも、とっても軽いのに驚いていかれる方が多かったです。

表面はK24で、元の素材が紙の工芸宝飾なので軽いことを説明すると、

さらに驚いてくださり嬉しかったです。

 

フォーマル系ジュエリー

古代風「ふわり」 https://tantan.official.ec/categories/2509708

アンティーク風「箔」 https://tantan.official.ec/categories/2509712

Grossepoxy  https://tantan.official.ec/categories/2509714

 

 

Maison & Obnjet グループ展の方です、メゾンは、フォーマル中心でした。

やはり、雰囲気がクウォリティ重視といった感じで、こちらは出品するものを

ある程度厳選しました。切り絵であることの独自性、紙のジュエリーであることの

特殊性、アンティーク、古代風を意識した世界観等、この3点がぶれないよう

ディスプレイを行いました。ブース主催もこのイベンントのベテランさんで、

1月のメゾンに向けて、大変勉強になりました。

 

 

とにかくハードでしたが、どちらの展示も無事終了。

事前の準備にも色々タイヘンエピソードがあるのですが、またの機会に!