切絵作家の徒然

現在noteに移動中

レビュー

まんぷく、面白かった!カップヌードルを歩き食べする人は今の時代にもいるようです

初回よりずっと見続けていた「まんぷく 」、終わってしまいました。 毎度毎度思うけど、寂しい! 「花子とアン」以来はまっている朝ドラは、やっぱり史実が面白いです。 まんぺいさんの紆余曲折っぷり、危うさっぷりを、側で支える良き妻、ふくちゃん。 万平…

琉球・美の宝庫 at サントリー美術館

琉球・美の宝庫。 沖縄紅型や琉球漆器等色鮮やかな世界の中で、 だいぶ前に紅型の染め物教室に何回か足を運んだ時の事を 思い出しました。 中国から切り絵がわたって来て、沖縄紅型として着物の染めの技術がはじまりました。 色使いも、ここではまだ中国の伝…

縄文-一万年の美の鼓動 @ 国立博物館

「縄文-一万年の美の鼓動」 日本人の魂の数々。 この時代にして秀逸すぎるデザインの出土品の数々や、 9000年も前から漆を塗る技術があった事を知り、 思った以上に文化が進んでいた事に一つ一つ感動しました。 同時代のどの国よりも力強さと不思議な感性を…

「宇宙と芸術展」@森美術館

先日終わった「宇宙と芸術展」。 竹取物語から現代アート、実際の模型まで幅広く展示されていて、 撮影可能場所も多くて楽しめました! チームラボのプロジェクションマッピングによる映像作品が迫力があり、 宇宙空間を高速で移動している感覚に。 最後の…

よみうりアフタヌーンコンサート 切り絵装飾 クリスマスの贈り物~バロック音楽とともに

よみうりアフタヌーンコンサート、クリスマスの贈り物~バロック音楽とともに鈴木優人コンサート会場切り絵装飾、無事終了致しました。 鈴木優人さんは、バッハ・コレギウム・ジャパンのジェンバリスト・オルガニスト。 オルガニストといえば鈴木さんという…

「レッドタートル」 ジブリっぽいか、ぽくないかの概念を一切捨てて観るべき名作

レッドタートル、滑り込みセーフで観れました。六本木TOHOシネマでは21日までとのことで、間に合って良かったジブリとは別物の芸術性溢れる作品で、 「ジブリっぽかった」のは、 時々出てくる魚の表情や、カニの仕草くらい。監督はマイケル・ドゥ・ビットさ…

星の王子さまを読み解く~コルシカ島に消えたサン=テグジュペリ

「星の王子さま」モチーフ切り絵作品 着色/ osamu misawa 小さい時から星の王子様が大好きで、いまだに、節目節目で読み返す、という方は多いのではないでしょうか。フランスではバイブル的存在です。 その星の王子様を元に、名シーンの切り絵をいくつか作り…